中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)



★ 新潟2歳Sの結果

岩田康誠騎乗の3番人気フロンティアが優勝。
2着は4分の3馬身差で津村明秀騎手騎乗の5番人気コーディエライト
アタマ差の3着に北村宏司騎手の2番人気テンクウが入った。

================
★ 上がり32.9秒は評価できるのか?

勝ったフロンティアは計測した上がり32.9秒は、
3着のテンクウ(32.6秒)に続く上がり2位の記録。

一見、かなり濃密なレースに見えますが、
勝ちタイムの1分34秒6は過去5年で一番遅い時計で、
2年前稍重で行われた時の1分33秒8よりも、
時計がかかっている点は忘れてはいけません。

(前半800m)49.3秒+(後半800m)45.3秒=1分34秒6

前半はかなりスローな展開だったので、
最後の3ハロンだけ全力で走った感が否めません。

================
★ 緩いレースを経験した馬は過剰評価してはいけません。

今後数ある2歳戦を予想していくときに、
「連勝中」「良血」「前走圧勝」などの要素に目が行きがちですが、
安易にこれらの要素を信頼してはいけません。

「連勝中」 → 戦ってきた相手はその後どうなっていますか?
「良血」  → 2歳戦を勝つためだけに生まれてきたわけではありません
「前走圧勝」→ 弱い馬相手だったかもしれません

実際今年の新潟2歳Sで1番人気だったムスコローソ
「新馬戦を5馬身差で勝利」国内最高峰の「ダイナカールの牝系」出身馬ですが、
12着に敗れてしまっています。

2歳戦は絶対に「安易な要素」だけで予想してはいけません。

================
★ 札幌・小倉2歳Sは「堅い」と「荒れる」の対極にあります。

予め、予告しておきます。
今週の2歳重賞は対極的な結果になります。

札幌2歳Sは堅く決着し、
小倉2歳Sは荒れる結果となります。

まだディープインパクトやキングカメハメハ産駒の
世代エース級が登場していない現段階で、
クラシック級の馬が集まっているのが札幌2歳S。

それに対して小倉2歳Sはクラシックを早々に諦めて、
「マイルカップを狙えれば御の字」の馬が集まるレースです。

今年の桜花賞馬・レーヌミノルのような例もありますが、
それはあくまでも少数例の話。

このレースが競走馬生活のハイライトという馬も決して少なくありません。
「先を見てレースを使う馬」「ここがピークの馬」をしっかりと見極れば、
今週も確実に儲けることができるでしょう。

検証はこれから毎日行ってまいりますが、
今週の2歳重賞は楽しみになさっていて下さい。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。