中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)



今週からドバイのレースも含めて、怒涛のG1戦線が続きます。


普段馬券を買わない人も「G1なら…」という事で購買する層もおりますので、
想定以上の配当が見込めるレースでもあります。



「1番人気から買ったのにこんなにつくの?」というのもG1ならではです。


特に少しでも荒れようものなら、
3連単でもすぐに10万15万馬券に化けることもしばしば。


高松宮記念は現地に派遣するスタッフからの情報も併せて、
今週の参加者の方には提供する予定です。
是非ともご参加頂ければ幸いです。



★ レッドファルクスをどこまで信用できるのか?

まずは何と言っても1番人気が予想されるレッドファルクスの取捨て。

昨年とほぼ勢力図が変わってないだけに今回も「堅い軸」であることが想定されます。
しかしどこまで信用していいのかは疑問符がつきます。

というのも後方一気の脚質ですので
(確かに中京はプラスですが)取りこぼしや前が壁になるリスクもあります。

安全運転して大外ぶん回ししていたら、スタミナが無くなる…ということも考えられます。


もちろん3着は外さないだろう・・・という考えをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、
その場合、大切なのは1着や2着を狙える馬を考えること。

その可能性が高いと踏んでいるのは・・・・



★ レッツゴードンキよりも面白い穴馬

順当に考えれば、桜花賞馬でこの路線の安定株・レッツゴードンキを考えるのが上策ですが、実際にどうでしょうか?

確かに牡馬相手にも安定して力強く走っていますが、
逆に言えば牡馬相手に勝った事実はありません。

やはりこのクラスの牡馬相手に勝ち切るのは至難の業。
レッドファルクス並の信頼を寄せるのは危険な気がします。

それならば・・・と当社が穴馬になるのではないかと睨んでいるのが
香港から遠征してきたブリザードです。


昨年の秋にスプリンターズSにも参戦していますが、当時は日本に不慣れなモッセ。

今回は国内でもそこそこ実績のあるティータン。


前回の遠征時よりも高いパフォーマンスが期待できます。
香港は世界でもトップクラスの短距離王国。

そこの上位馬なら見直しは可能だと思います。
高松宮記念はそれなりの穴馬が好走するレース。


枠順が出るのは金曜ですがギリギリまで検討を重ね、
このレースはずばっと高配当を仕留めたいと思っています。





トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。