中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




残念ながら障害王者・オジュウチョウサンは
有馬記念と同じコースで行われる九十九里特別を回避。


障害調教をしなくなったことで体のバランスが崩れ、
陣営が馬への違和感を感じたための判断です。


今後は有馬記念を目指すとのことですが、
我々としては予想する上で厄介な存在が回避して、
一気に九十九里特別が馬券的に買いやすいレースに変わりました。


*************************************

人気になるのはヴァントシルムでも…

*************************************


500万クラスで足踏みしていた素質馬・ヴァントシルムが人気になる模様。

まぁそのようになる理由がわからなくはないですが、

中山2500mはコーナーで言えば6回。
急坂を2回越える必要があるのでかなりタフなコース。

中山コース(というより関東)初見参のこの馬は未知数な部分が多く、過大な評価は禁物です。

また3歳馬にとってもこのレースは鬼門で、
ここをあっさり勝てるようなら
昨年のマイネルヴンシュのように菊花賞でも上位争いになるでしょう。

ただ今年の3歳出走予定馬は軒並み春のクラシックに間に合わなかった馬ばかり。

3歳はレベルが高いのでそれも仕方ないですが、
身体が成熟していない3歳馬にとって
中山の2500は酷だということは覚えておいたほうがいいでしょう。



*************************************

狙い目は中山2500で実績ある馬

*************************************


上位人気に支持されそうな馬は軒並み懸念事項があります。

ただそんな中でもクレッシェンドラヴは一定の安定感があります。


前走の北海Hで9着だったことで味噌がついていますが、
敗因は今までにない使い方をしたことで馬の闘争心が無かっただけ。

使っても月1回の馬がいきなり中1週で使うのですから、馬が戸惑って当然です。

ただ今回乗り役は手が合っている内田博。


しかも中山は<2.1.0.1>と安定感抜群。


早々にここに向けて調整を開始しており、ここは狙い澄ました1戦。

内枠に入れれば、チャンスは大きいはずです。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。