中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




今年のダービーは親父さんの代からの悲願である福永が勝って大団円。


各方面の競馬関係者も祝福しやすい結果だったことは記憶に新しいです。


しかし先週福永が開催中にケガ。


大事を取って今週の騎乗を見合わせたことによって、
神戸新聞杯に出走予定のワグネリアンには藤岡康太の騎乗が発表されました。



事前の噂では「福永の代わりは浜中じゃないか?」という噂もありましたが、
ワグネリアンを管理する友道調教師はそこまで浜中と信頼関係が無く、
普段から調教で乗っている藤岡康太に依頼を出したという経緯があります。


*************************************

藤岡康太は一番乗り難しい馬に乗ることに

*************************************


少し考えてみて欲しいのですが、ワグネリアンは今年のダービー馬。


出走頭数が11頭程度なので掲示板に乗らないなんて論外。

3、4、5着ではダービー馬のメンツが保てない。

離された2着でも意味がない。


仮に勝ったとしても誉められないし、無理に勝たせて菊花賞に影響が出ても避難されるだけ。


藤岡康太もプロの騎手として依頼を受けたのは当然ですが、
普段の騎乗以上にプレッシャーが掛かるのは間違いありません。



*************************************

つまりワグネリアンに過度な信頼をするのは危険

*************************************


ワグネリアンはかつてのディープインパクトオルフェーヴルのように
ダービーを勝つべくして勝った訳ではありません。

薄氷の上の勝利で、それゆえに福永の価値も上がった訳です。

しかし前述の通り、今回ワグネリアンが勝ったとしても藤岡康太の株が上がる訳でもなく、
無茶な競馬も出来ない制約の多いレースになります。


能力が拮抗しているのが今年の3歳戦。


乗り替わり・枠などはレースの着順を決める重要な要素になります。

もちろんトータルチェックとしてこのレースで買うのは別の馬。

そのための理由堅めを日曜日まで行い、今週も確実に勝つ流れを作ります。


3連休だろうと2場開催だろうとやるべきことをやる。

その成果を今週もお見せしたいと思います。





トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。