中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)


ついに本日は木曜日。


例年ならG1開催の谷間ということですが、
今年に関しては再三申し上げてきたように「JBC3競走」が行われます。


しかし昨日からお伝えしているように、
この「JBC3競走」は当サイトの勝負対象になる可能性は極めて低い状況にあります。

その理由はここでは割愛していますが、地方の競馬場でやるJBCと違って、
中央馬が走り慣れた京都競馬場で行うので、「無理して」出走してくるケースが見受けられます

はっきり言ってこういうレースは手を出さないのが吉。

もっと狙うべきレースがあり、
その中でも「JBC3競走」と同じ日曜日のアルゼンチン共和国杯は狙い目でしょう。


しかも1番人気が想定されるノーブルマーズは明らかに状態が悪いらしく、
ハンデ戦ということも重なって波乱ムード。

土曜日の結果次第ですが、
当サイトの会員様限定で買い目をお教えしてもいいレベルのレースだと見ています。



*************************************

1番人気のノーブルマーズは不安
トップハンデのアルバートは58.5キロ

*************************************



1番人気が想定されるノーブルマーズは調教助手だけでなく調教師自らが
(力は付けているが)本調子に戻っていない」と愚痴をこぼし、それが記事になるレベル。

しかもその記事を「そんな正直に言わなくても…」と師の奥様自らがツイッターでたしなめる状況。


上位人気に見合うかどうかは、吟味が必要でしょう。


どうせ狙うなら思い切ってホウオウドリームあたりはどうでしょうか?


前走の目黒記念の敗因は展開の不向き。


上がり最速の脚を使ってながら10着ともったいない競馬でした。

今回はハンデも据え置きで、頭数も少なめ

瞬発力勝負になれば、頭まで有り得るでしょう。

しかも想定される人気は10番人気前後。

馬券的な妙味も十分あるでしょう。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。