中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


さて新年早々ではありますが、競馬界はすでに今週土日の開催に向けてすでに動き出しております。


例年通り2日からトレセンが開き、調教が再開されています。


*************************************

 焦点は2場開催。
「確実にレースを使えるかわからない」のは問題

*************************************


どのレースの出走馬も「○月×日のレース」に使えるとわかっていれば程度の差はあっても100%近くに仕上げることは可能です。

しかし「○月×日か○月△日のどちらか両睨み」とか「○月×日のレースは抽選対象で出れるかわからない」となった場合は仕上げ方が格段に難しくなります。


仮に100%に仕上げたとしても抽選で弾かれてしまっては仕上げた意味がありません。




レースに使うために仕上げたのに・・・抽選でハズレて出れない・・・

こうならない為に、使えるか使えないか半信半疑の状況下では陣営も100%に仕上げません。

今週末の2場開催はまさにそういう陣営のジレンマが現れるレースばかりで、今日発表された出走表を見ても、「この陣営はラッキー、ここは不運だな」といった悲喜交交(ひきこもごも)な感触です。



*************************************

つまり勝負するなら重賞。
    一儲けを狙うなら平場です。

*************************************


重賞競走は持っている賞金などで出走順が決まるので、出走予定馬は心置きなく仕上げることが可能です。

しかも1600mと2000mという層の厚いメインの距離ばかり。

ここ数年の順当決着が今年も引き継がれるでしょう。

天候が良好なら京都金杯はディープインパクト産駒、中山金杯はステイゴールド&キングカメハメハ産駒に注目していればある程度、馬券としての形になるでしょう。


しかし新年一発目の「大勝利」を狙うのなら、各陣営のジレンマが垣間見れる平場が一番。


特に土曜中山9レースの招福Sは狙い目。

想定される1番人気は連勝中の金子馬。
必要以上に馬券が売れる可能性大です。


つまりそれ以外の本当に「強い馬」の馬券が美味しくなるわけですから、狙うべきレースとしての価値は十分。


新年一発目からトータルチェックは景気のいい話を会員様にお届けしていつもりです。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。