中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★当社が常々申し上げている通り

   東京競馬場・京都競馬場は

 結果に対する能力の比重が大きい
    『能力反映コース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━


東京・京都は軸馬を絞りやすく、
馬券としても当てやすいコースとなっています。



今年もこの組み合わせの開催がやってきました!!


ですが・・・


正直言って、我々トータルチェックとしては今回の東京開催への自信がありません。



その理由を正直に申し上げます。


はっきり言って「馬場が読めない」のが東京開催に対する自信がない理由です。



*************************************

 新年早々馬場読みに苦しみました。
    これがこの3週間の反省です。

*************************************


グリーンチャンネルを視聴されている方はよくご存知かと思いますが、東西の解説者ともに「馬場が難しい」とコメントしていました。

そりゃそうです。

日曜の京都は持ち直しましたが、良馬場にも関わらず、あれだけディープインパクト産駒が凡走していれば、予想の組み立ての根本が否定されているようなもの。

一方中山はディープインパクト向きの高速馬場で、例年の傾向とは真逆。

もちろん年明け当初はディープインパクト産駒というよりも東西でヨーロッパ系の力を要する馬が台頭しており、例年の傾向とは違う結果で推移。

その不確定要素から逃れるため、先週日曜は中京競馬場の提供に統一しました。

しかし今度はそれが裏目に出て、京都は例年通りの傾向に戻り、提供を中京9レースに振り替えた京都8レースで的中。

こちらを推奨できていれば36万くらいの配当になっていただけに申し訳ない思いでいっぱいです。



*************************************

だからこそ、今週は東京開催は様子見。
 データの揃った京都・中京で戦います。

*************************************


もちろんまだ出走予定が確定していない現段階の方針ではありますが、よほどの自信度でなければ、東京のレースは提供しない予定です。


あくまでも狙いはデータの揃っている「京都・中京」。


特に京都は馬場が傾向通りに戻れば、100倍から220倍の配当が狙え、もし年始当初のようなタフな馬場なら300倍かもしくは帯封(=100万円)が狙えるレベルにあると思います。

今週の基本方針は上記の通り。

「東京開催を楽しみにしていたのに・・・」という方には申し訳ないですが、



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。