中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)


牡馬クラシック1冠目は皐月賞。

有力な新興勢力もおらず、2歳王者・サートゥルナーリアが1番人気になると想定されています。


サートゥルナーリアは早い段階でデムーロからルメールへの乗り替わりが発表され、生産者が「怪物」と評価する訳ですから期待せざるを得ない部分もあります。

しかし、すんなりサートゥルナーリアに勝たれてしまっては馬券的には何の面白みもありません。

もちろんホープフルS組が軒並み、だらしない成績の馬ばかりなので、「サートゥルナーリアにも死角アリ」と見ている人も多いでしょう。


実際、ホープフルS出走組はサートゥルナーリアを含めて、その後のレースで1勝もしていません。


先週の桜花賞を見てもわかるように、朝日杯FSで負けたグランアレグリアがあれほど強かったので、「結果的には朝日杯FS組が強かったなぁ」なんてこともあり得る状況ではあります。


=================

「サートゥルナーリアは強い」と見ていますが、
確実なことを言えるのは水曜日以降です。

=================


デムーロが初めて調教に乗ったときに「これは怪物」と興奮して語ったのを覚えています。


今年年初のインタビューでもサートゥルナーリアのことを「歴史を変える一頭」とまで表現しています。



数々の名馬に乗ってきたデムーロがここまで言うのは異例中の異例。


そんな馬をデムーロからルメールにスイッチしたのは馬主側の要望。


日本ではデムーロとルメールはほとんど同格で語られますが、世界の目は違います。


ルメールが甲子園優勝校のエースなら、デムーロは甲子園で1回か2回勝てる高校のエースです。


他の日本人ジョッキーは武豊(世界的にはデムーロと同格)を除いて、みんな県大会ベスト4とか8とか「オラが街のエース」でしかありません。


はっきり言ってルメールとデムーロでは世界の目が違います。


ヨーロッパで乗ってきた馬のレベルが違います。


ノーザンファームはそれを知っているから、サートゥルナーリアの能力が確認できた段階でルメールにスイッチしたのです。



しかもウオッカや母馬のシーザリオを管理していた超一流の角居厩舎スタッフが「能力がこれほどまでに抜けているのは珍しい」と断言している点も見逃せません。


ただ今週水曜と日曜日には雨が降る可能性が指摘されています。


その雨の度合で馬場状況の変化を見る必要があるので、見極めはこれから。


現段階ではサートゥルナーリア優勢だが。。。と申し上げております。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。