中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)


令和最初のダービーはご存知12番人気のロジャーバローズが優勝。

我々の期待したサートゥルナーリアは4着に敗退。

待機厩舎から下見所、そしてレースへと向かう過程の中でダービーの異様な雰囲気に飲まれてしまっていました。

そんな中でスタート直後に煽り、若干の出遅れ。

不幸なことにこの段階で頼りになるべきレーンが完全に動揺してしまいました。

悪いリズムを修正する間もなく、レースは終了。

12番人気のロジャーバローズが勝ったことで場内は騒然。

しかも日高地区生産馬のワン・ツー決着のノーザンファーム関係者は完全に沈黙。

そしてすぐに「凱旋門賞遠征の中止」を決断するに至りました。

実際レース直後には評論家の須田鷹雄がツイッターで「サートゥルナーリアの凱旋門賞はナシになりました」と投稿しており、ノーザンファームは今回のダービーの結果に相当ご立腹であることは間違いありません。

実際、先週から取り上げた川田もレーンもダービーを勝てず、余計にノーザンファームの「ルメール信仰」が強くなっただけです。

そんな中で迎えるのが今週の安田記念。

奇しくも現役最強のアーモンドアイの強さ(=ノーザンファームのやっていることの正しさ)を証明すべく、復帰したルメールにすべてを任せます。

もちろんルメールもそういう事情をわかっているからこそ、1週前追い切りの段階で「ダノンプレミアムにとっては良いチャレンジだと思う。でもでも彼女がトップホース。相手も強いけれど、こっちもパーフェクトだから」と力の違いを明言しています。


つまり今週の安田記念はアーモンドアイで決まり。

しかもルメール復帰に併せたノーザンファームの有力馬が続々参戦しますので、先週から戦略をガラッと変えてルメール中心に馬券を構成します。

しかも函館開催までの2週間は特に実力馬がルメールに集中します。

ダービーの借りを返す提供に今週はなるでしょう。

是非ともご期待下さい!



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。