中央競馬ランキング人気ブログランキングへ ← 的中率90%!?の無料情報公開中!(毎日19時更新!)



明日は宝塚記念の枠順が公表される日。

我々トータルチェックとしてもWIN5との関係もあるため、注目せざるを得ないレースです。

しかし本当に「馬券として美味しいレース」は他にもいくつかあります。

実際、今日行われた最終追い切りで、「買えるレース」「買えないレース」の選別が大きく出来た部分でもあります。

そういう意味では宝塚記念はサイト上に公開できる類のモノでは残念ながらありません。


もちろん水曜の記者会見でキセキに乗る川田が注目発言をしたことには気を配らばければいけませんが、馬券の戦略としては宝塚記念の優先度はそこまで高くありません。


我々が注目しているのは下記のようなレースです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
   高確LEVEL3『2鞍目』
  東京6R/メイクデビュー東京
   ◎8 トライフォーリアル

年長馬相手に抜群の動きを披露。調教どおりなら、大型馬といえども期待できる。



   ◎8 トライフォーリアル
    【1着】単オッズ2.6倍


相手馬3ルドラクシャ、4ネイチャークイーン、6ロードファビュラス、13メモリア



3連単1着流し
1着軸 5
相手 3、4、6、13
(12点)×1000円


総購入12,000円


[3連単8→3→6]
配当:390.8倍
払戻:39万0800円


【回顧】

数字上は上々の結果で、馬場がマッチする馬を中心に選んだのが結果に直結しました。昨日の降雨の影響のおかげです。が、本音を言えばもう少し配当が伸びると思っていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


これは先週日曜のメイクデビュー(新馬戦)です。

降級制度が無くなった今、夏競馬で最も美味しいレースがこの「メイクデビュー戦」です。


「デビュー戦はデータが少ないからわからない」という声もありますが、育成や調教の技術が進歩した今、「ある程度」走る馬はわかります。

特にノーザンファームが絡んだ1600・1800・2000mの新馬戦はまず8割9割勝てます。


それくらい今の技術は進んでいます。


なぜ1600・1800・2000mの新馬戦に限定しているかと言うと、これらの距離はノーザンファームのクラシック候補馬が出てくるので、世代のエース級が勝つ可能性が高いわけです。

ちなみに下記は今年のクラシックホースたちのデビュー距離です。



桜花賞  グランアレグリア  東京 1600m
皐月賞  サートゥルナーリア 阪神 1600m
オークス ラヴズオンリーユー 京都 1800m
ダービー ロジャーバローズ  新潟 2000m



いずれも1600m~2000mの距離。


もちろん今週の土曜日に東京で1800m、日曜に東京で1600、阪神で1800と注目のレースがあります。


ここにもノーザンファームのエース級が登場予定。


先週同様、それなりの配当が見込めるレースと踏んでいます。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。