人気ブログランキングへ ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




┏━━━━━━━━━┓

夏競馬=ハンデ戦=大儲け!
この時期の「裏事情」を知っていれば、
競馬で負けるわけがありません!

┗━━━━━━━━━┛

ビッグレースの無い夏競馬ですが、
それを逆手に取って、儲ける方法はご存知ですか?

もちろんたった1つのレースで、
何千万・何億円という金額を儲けることは現実的では無いですが、
今週は主に「2つのレースで裏事情が絡んだレース」が行われます。

もちろん角度を変えれば、
他にも面白みのあるレースが多いですが、
まずはわかりやすい切り口として、
今週は2つのレースで確実に利益を積み増しできるよう、
狙い済ました予想を展開していきたいと想います。


┏━━━━━━━━━┓

日曜札幌 大雪ハンデ
1000万クラス最後のダートハンデ戦。

┗━━━━━━━━━┛

今週行われる重賞の関屋記念もエルムSも
これからG1などのビッグタイトルを狙う馬にとって、
試金石となる1戦ではありますが、
それらはあくまでも競走馬として、
「それなりのレベルにある馬」達の話にしかすぎません。

日曜札幌で行われる「大雪ハンデ」は
エルムSと同じ距離で行われるダート1700m競走です。

ちなみに1000万クラスの「ダート競走」は
残り3週間で3レース組まれていますが、いずれも下記のような定量戦ばかり。


おおぞら特別(1000m)
WASJ第3戦(1700m)
釧路湿原特別(1700m)

ここで考えて欲しいことがあります。

ハンデ戦に出てくる馬とはどういう馬だと思いますか?

もっと言えば・・・
ハンデ戦に出てくる馬と定量戦に出てくる馬の違いはなんでしょうか?
ここを考えれば、
大雪ハンデに関する馬券の考え方が見えてきます。

┏━━━━━━━━━┓

ハンデ戦を使う馬=現級では少し足りない馬
そういった馬にはこの夏稼ぐラストチャンス!

┗━━━━━━━━━┛

前述の通り「大雪ハンデ」はこの夏、
札幌競馬場で行われる最後のハンデ戦です。

新潟でも小倉でも1700mとか1800mのハンデ競走は
来週再来週と行われる予定ですが、
普通に考えれば、いくら「少し足りない馬」でも、
「札幌→トレセン→新潟or小倉」という移動は
これだけの暑さの中ではかなり過酷です。

よほど押せ押せで大雪ハンデに出た馬を
このスケジュールで使っても、
絶対に好結果が出るわけがありません。

小銭は稼げるでしょうが、
それが目的ならばコンスタントに使える地方へ移籍したほうが無難です。

なぜなら1000万クラスはオープンや準オープンと違って、
競走馬同士の力の差が激しく、
低調な組み合わせでレースが行われる場合での1キロの斤量差は着順に大きく影響します。



┏━━━━━━━━━┓

とはいえ、
「軽量馬=有利」ではありません
狙い目は55キロです。

┗━━━━━━━━━┛


「斤量が軽い馬が有利ではないか?」

そう思われるかもしれませんが、
「ハンデが軽い=弱い馬」というのが基本なので、斤量が軽すぎる馬も馬券の候補としては弱いです。

もちろん強い馬が重たい斤量を背負わされるのですが、
今回の「大雪ハンデ」は51から56キロの幅で出走馬が揃えられました。

その中でも基本的に狙うべき斤量は55キロの馬です。


トータルチェックが掴んでいる情報を
ここですべて公開する訳には参りませんが、
週末にかけて札幌で「雨が降る」というのも
大きなポイントの一つになるとみています。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。