競馬ランキング
人気ブログランキングへ
 ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)



本日、競馬サークルに衝撃が走りました。


武豊が、絶縁とされていた近藤利一オーナーが擁した「アドマイヤ軍団」の高額取引馬・アドマイヤビルゴの調教に騎乗しました。


その取引額5億8000万円。



昨年近藤利一オーナーが亡くなり、様々なしがらみが亡くなったことで、再びアドマイヤ軍団の馬が武豊に回ってくることの現れです。


先日も書いたように、今の競馬はどのジョッキーにどんな騎乗仲介エージェントが居るかを把握しておくことは非常に重要です。


ちなみに昨日書いたことですが、今週は3日開催とはいえ2場しか開催がありません。


数少ないダート短距離のメイクデビューを目指して、フルゲート16頭のところに43頭が出走希望しているような状況でかなりカオスな状況だったので今週のレースはどのレースを買うかという「選択の難しさ」もあるのです。


*************************************

「難しい選択」を「簡単な選択」に
      そのキーワードは武豊です。

*************************************


こういう選択が難しい状況にあるときこそ、「騎乗仲介エージェント」が生きてくるのです。

昨年から武豊はルメールと同じエージェントに仲介をしてもらっています。


つまりルメールに選ばれなかった有力馬が武豊に回ってくるわけですが、ここが非常に重要なのです。


ルメールが選んだ有力馬の余り物を武豊が乗るレースばかりではありません。

クラブや大物馬主の意向でルメールが乗りたくなくても、乗らないといけないときがあります。

逆に武豊はクラブや個人馬主など、そこまで差をつけて騎乗馬を選ぶタイプでは無いので、ルメールのように大半のレースがノーザンファームという訳ではありませんが、普通に勝ち星を重ねられるレベルの馬に騎乗する予定です。


つまり武豊&ルメールが何勝出来るか、そして彼らの勝つレースを1着固定でいくら買えるかが、今週のキーポイントとなります。

まずは明日、武豊とルメールの騎乗予定の馬が何頭出走できるかが重要。

是非ともご注目いただければ幸いです。




トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。