競馬ランキング
人気ブログランキングへ
 ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)



これまでお話したように、今週の最大の注目点はなんと言ってもAJCCと東海Sでしょう。


東海Sに関しては、今年も武豊のインティを軸にして、相手を絞るだけで「誰もが納得のできる高配当」が当たる可能性大な訳ですから(笑)


しかしその東海Sで稼ぐためにも、土曜日にきっちり利益を上げて、増額投資しないといけない訳ですが、そのための算段もすでに出来ています。


そんなわけで今週土曜日の「確勝レース」と睨んでいる内容について今日はお話します。


*************************************


土曜日は小倉で稼ぐ!
     そのための確勝レースとは?


*************************************



土曜の配当を利用して日曜に増額投資」が基本方針のトータルチェックとしては土曜日のレースが何よりも大切。


そのためにも土曜日のレース選びは慎重に行っていますが、その中でも現段階で的中率の最も高い土曜日の小倉4レースについて簡単に触れておきます。



はっきり言って、この時期に未勝利に居る馬は春のクラシックはノーチャンス。

すでにわかりきったことですが、ローカルの未勝利に出ている段階で、「中央であと何回走れるか」「勝ったとしてもあと1回2回勝てれば御の字」と諦め気味で関係者も馬を見ています。



それ故に勝てるチャンスのある馬はここで稼げないと、次がない可能性があるので、メイチの仕上げをしてきます。


今回その小倉4レースでのメイチ仕上げの馬は、アイロンワークス


国際的な生産者集団であるゴドルフィンの所有馬であるアイロンワークスですが、デビュー当初は全く箸にも棒にもかからない存在でした。


しかしレースを経験するたびに、徐々に力をつけていき、阪神の未勝利戦でついに勝ち馬と0.2秒差のところまで来るに至りました。


そろそろ未勝利クラスでも上位に位置するようになってきましたが、今回は現級でもかなり低調な組み合わせなので、ここは明らかに「勝機」。

このレースを筆頭にしっかり提供スべき内容を精査し、今週こそきっちり利益をお届けすることをお約束いたします。


是非ともご期待ください。


トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net 

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。