競馬ランキング
人気ブログランキングへ
 ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)




中山・阪神に加えて、今週から中京競馬が開催されます。

土曜日の「阪神スプリングジャンプ」という障害重賞も含めれば、
4つの重賞が行われることになります。

ちなみに今週の平地重賞は大阪杯の前哨戦「金鯱賞」、
桜花賞トライアルの「フィリーズレビュー」、
波乱必至の牝馬限定ハンデ重賞「中山牝馬S」と、個性的な重賞がズラリ。

トータルチェックとしては、
いずれのレースでも勇気を持って過剰な人気馬を軽視し、
思いもよらない穴馬を見つけ出したいと考えています。


================
キーワードは
「デアリングタクト1着固定の是非
================


昨年の3冠牝馬で、ジャパンカップでも3着に入ったデアリングタクトをどう扱うか・・・

これが今週の金鯱賞の最大の注目点でしょう。


グローリーヴェイズ・キセキ・ペルシアンナイトといったG1ホースがいますが、圧倒的な1番人気に想定されているデアリングタクトを軽視することが出来れば、必然的に配当が高まります。

エピファネイア産駒ということで、2000mも全く問題なく、左回りも気にならない。

このメンバーでも1倍台の人気に推されるのは仕方ないでしょう。


================
現段階で穴馬として
     期待している馬がいます
================

トータルチェックとしては、現状で、デアリングタクトを1着固定で買うつもりでいますが、金鯱賞は穴馬が飛び込んでくることでも有名なレース。


出走頭数自体が少なめなので、極端なホームラン級の配当は難しいでしょうが、【増額投資】が出来ることを前提とすれば、非常に質が良いと言えるでしょう。

その穴馬候補として期待しているのが、サトノフラッグ

昨年の今頃はコントレイルを差し置いて、「ダービー候補」とまで言われていた馬で、秋には菊花賞で3着に入っています。


ディープインパクト産駒としては珍しく、成長曲線が緩やかで、まだまだ芯が入っていませんが、ここ最近の走りは成長が伺える・・・と陣営だけでなく、多くの人が口を揃えます。



出走頭数が少ないので、
2017年の19万馬券のような配当が出ることは考えづらいですが、
馬券を勝った誰もが「思ったより荒れたなぁ」という感想を抱くと思います。

枠順が出るのは金曜ですがギリギリまで検討を重ね、
このレースは出来る限り高配当を仕留めたいと思っています。






トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。