競馬ランキング
人気ブログランキングへ
 ← 的中率90%の無料情報公開中!(毎日19時更新!)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━


マイルCSデー 11月20日限定!
   

  【買い目1鞍 無料 公開】


参加希望の方は

→ help@total-check.net へ。

「1鞍 無料 公開」と明記してメールをください。

   レース当日 買い目を送信

━━━━━━━━━━━━━━━━☆




11月に入ってからの2歳戦線は波乱の様相。



・京王杯2歳S(18頭)

10番人気→11番人気→5番人気

・ファンタジーS(12頭)

10番人気→2番人気→5番人気



もちろん下馬評通りの結果になったレースもありますが、
非根幹距離のレースほど大波乱になっている傾向があります。



力差の激しい2歳戦は、実力と人気が釣り合わないことが多く、荒れるときはトコトン荒れます。


ただ、無理筋の穴予想をするのは危険です。


能力の足りない馬はどこまでも足りないのです。

未勝利レベルの馬からG1レベルの馬が走るのは新馬戦ですが、
2歳の重賞レースは「1勝レベルからG1レベルの馬」が一緒に走ります。


それ故に、実力馬が複数登場する(つまりクラシックに直結する)レースに関しては、堅くなります。


どの馬も来年のクラシックを目指して「ガチンコ」で闘うからで、
レベルの高い争いになると、足りない馬が入り込む余地が無いので、上位人気で決着しがち。

「銀行レース」と呼ばれる所以はこういうことです。


特に今週の東スポ杯2歳Sは天皇賞・秋を勝ったイクイノックスが昨年勝ち、
3年前には三冠馬・コントレイルが勝って名前を上げました。


今年はどうか・・・

出世レースとして名高い「東スポ杯2歳S」ですが、今年は荒れると見ています。


その理由は非常に簡単。


そもそものメンバーのレベルが高くないことが上げられます。


イクイノックスやコントレイルのように明確にG1を勝てるレベルの馬は不在なことも大きいと言えるでしょう。


どんぐりの背比べに近いので、配当と投資金のバランス次第では、ガッツリ投資できるレースでしょう。



トータルチェックの参加はこちらから↓↓

help@total-check.net

「入会希望」と書いてメールをお送りください。
ブログ上では公開していない予想を無料で公開中です。